カジノでは現金をチップに適切な単位で交換します

カジノでゲームを行うには、チップを使用するのが前提となっています。現金を使って、それをそのまま賭け金として使うこともできなくはありませんが、それは特別な場合だけです。ゲームの結果が勝ちであろうが負けであろうが、勝負は一回だけという人にだけ通用するやり方です。カジノで何回かのゲームをやるつもりであれば、必ず交換してから始めなければなりません。なお、現金をチップに交換するときは、基本的にはテーブル上で行うこととされています。やり方は簡単です。現金をテーブルの上に置くだけで大丈夫です。それだけで、その現金を交換してくださいとの意思を表したことになります。ディーラーにはっきりと聞こえる声で、「チェンジ」と伝えることで、どの国であってもチップに交換するとの意味は間違いなく伝わります。

客からのチップへの交換申し込みを受けたディーラーは、責任を持って処理いたします。まずはそのエリアの責任者を呼んできて、責任者の目の前で、現金からの交換を行い、それが終わるまでのすべての作業を責任者確認することとなっています。ここまで厳重にチェックをするのは、ディーラーが客の現金を着服したり、あるいは、客とディーラーがこっそりとつながっていて、本来渡すべき枚数よりも多めに渡すといった不正行為を防ぐために、あえて実施されているものです。とりわけ、マカオや韓国などのカジノでは、この手続きが厳格に行われています。交換の仕方は、客が出した紙幣をテーブルの上に広げて、それが偽札ではないかということを機械でもって全枚数にわたって調べます。そのチェックを通過すると、ディーラーは金額やゲームの種類を判断して、適切な単位に分割してくれます。

あのホリエモンが注目!?イーサリアムを使ったパイザカジノの遊び方

たとえば、ブラックジャックをプレイする場合、ミニマムベットが10ドルのブラックジャックテーブルで、客が1000ドルを両替したときのことを例示してみます。そのときは、10ドル分が10枚、25ドル分が4枚、100ドル分が3枚、500ドル分が1枚という形に分類して渡すということをいたします。これをすると、客としては隙間を作ることなく、連続してプレイをできることになります。このような形で現金からお交換が完了します。また、ゲームに慣れてきたのであれば、自分のやりやすいようにチップの色を変更してもらうこともできます。ブラックジャックをするとき、10ドル単位で掛け金を頻繁に変えるという手法をとる人であれば、両替時点から余分に10ドルチップを持っていたほうがスムーズにゲームができます。