津山市にカジノの名前のついた店があります

日本では、まだカジノは合法化されていません。世界の多くの国では正式に政府に認められた施設として運営されていますが、わが国では現在は非合法の存在となっています。正確に言えば、IR推進の方向は決定していますので、その整備に向けて準備中ということになります。現在は違法ですので、国内のお店で法律で認められていないギャンブルを行うと、賭博罪で処罰の対象となります。もちろん、店の名前にカジノが冠せられただけのパチンコやパチスロの店であれば、それは差し支えありません。岡山県津山市にそのお店があり、パーラーカジノ院庄店との店名でもってパチンコとパチスロを営業品目として業務を行っています。中国自動車道の院庄インターを降りてすぐの場所にあって、アクセスがいいことも手伝って、大変な盛況を誇っています。

津山市でのパチンコ店が営業をしている結果、それが地元経済を潤していることは間違いありません。そのお店に行くことで、自然と消費も発生します。IR推進でカジノが大きな役割を果たしているのは、そういった経済効果をにらんでのものであることは、あらためて言うまでもありません。日本全体で考えてみますと、そもそも日本の場合、観光の対象としては非常にたくさんの魅力のスポットに恵まれています。海外の人の中には、美しい日本の自然や古い社寺、遺跡などを眺めてみたいと憧れている人は以前から多いです。そこに、カジノ施設ができるとなると、日本を訪れたいと望む外国人の数は急増するに違いありません。観光に力を入れて経済活性化を図ろうとするのは極めて効率的な手法です。外国人が日本に来てお金を使うのですから、日本にとってはありがたい限りです。

【2018年最新版】エンパイアカジノのリアルな評判・口コミを徹底調査

膨大な経済効果が見込めるというのは、単なる机上の計算ではありません。シンガポールでのIR施設建設の結果、一人あたりのGDPが飛躍的に増加したことは記憶に新しいところです。IR施設トータルの中で、カジノ関連施設の占める面積はわずか3%にすぎませんが、シンガポールにもたらした経済効果の非常に大きな部分はカジノの功績によるものです。また、施設ができるとそこで働く人も必要となってきます。雇用が創出されます。規模が大きいこともあって多くのマンパワーが求められますので、非常に多くの労働者を雇用しなければならなくなります。直接の経済効果だけでなしに、雇用を生み出すというプラスの効果ももたらしますので、IRは地域と国家にすこぶる貢献をいたしております。日本でも、このようなメリットが生み出されることに期待が寄せられています