カジノのつづりについて

Casinoの発音・読み方について
カジノというとCasinoというつづりを英語ではします。何の疑問も持たずに皆さんは「カジノ」とカタカナ語でよんでいます。実は英語表記でCasinoと書いた場合は発音記号でいうとk?s??no?と表記されています。読み方はkuh-SEE-noというように読み、iをeeというように読みます。実は英語の世界では例外的な読み方になります。実際にインターネット辞書などで調べてみてください。そうするとカジノというようりも「カスィーノゥ」と発音しているように聞こえるはずです。また似ている単語としてCassino(都市名)もCasinoと同じ読み方をします。日本では区別するためにカッシーノとして発音しています。そしてこのつづりになった語源があります。

エンパイアカジノで遊べる全種類のルーレットを徹底調査してみた

Casinoの由来とは
Casinoはカードやダイス、マシンなどを用いて楽しむゲーム施設ですが、その施設では賭けを提供する遊戯であり、その賭けに投じられた金額を用いて運営を行っている施設です。固い説明になりましたが、要は好きなゲームをしながら賭け金を賭けて楽しむ賭場ということです。Casinoの語源はイタリア語から来ています。これはCasa(カーサ)というつづりで小さい家という意味です。これはもともと王侯貴族が持っていた別荘のことです。彼らは保養地の別荘に客を招いてパーティーを開いていました。その時パーティーの余興として行われていたのがカードゲームなどの遊びでした。これがカジノの由来と言われています。そしてこれが16世紀になってヨーロッパ各地に伝わるようになりました。その後Casinoのスタイルも特権階級向けと一般市民向けの2つに分化していきました。

カジノのつづりはCasaから始まった
Casinoのつづりはに語尾の-inoが付いた言葉です。ここでもご紹介したように、カジノかカシノというように発音します。16世紀にヨーロッパ各地に広まりましたが、もともと貴族の社交場で遊ばれていたということで、ヨーロッパのカジノはドレスコートや会員制を設けているCasinoが多くあります。格式が高いイメージがあるのはヨーロッパですが、それと比較するとラスベガスなどの観光的なCasinoはカジュアルな雰囲気でプレイすることができるようになっています。まさにヨーロッパは特権階級向けのサロン、アメリカは一般市民向けの娯楽施設という形になっています。最近ではアジア諸国にも外貨獲得や観光資源のために経済活動を目的とするCasinoを導入するようになりました。日本でも外国人観光客、失業率増加のためにCasinoの合法化が検討されています。