カジノの弦交換での注意点

同じ弦を長い間弾き続けていると、錆の発生や弦が伸びてしまうことにより音程が狂いやすくなってしまいます。このため定期的な弦交換が必要になります。演奏する頻度にもよりますが、レギュラーな弦であればひと月を目安に交換することになります。カジノも同じ構造のギターと同じく、弦を張り替えることになります。一度に全部の弦をはずすとテールピースが外れてしまい、弦高やテンションが変わってしまうおそれがあるので、低音弦と高音弦に分けて交換するか、一本ずつ交換していくかやりやすい交換方法を見つけることが重要です。カジノをはじめとする同じような構造のペグを使用するタイプのものはヘッドに傷をつけやすく、大事な楽器に傷を付けたくなければ弦の切断や巻き付けは慎重に行うことが大事になります。

弦交換は弦をペグに巻き付ける回数によりチューニングの安定に影響を及ぼします。巻き数が多いとチューニングが狂いやすく、少ないと弦が切れやすくなります。弦の太さとペグの高さによって巻き付ける回数は違いますが、一般的には2、3周程度が適当といわれていますので、弦を巻き付ける際に弦を引っ張って余分なたるみを取り除きながら張り替えていくことが大切です。張り替え後のヘッド側の弦の余った部分は丸めるのではなくてカットするほうが物理的な危険も少なく、ノイズの原因になったり、ヘッドに傷をつける心配がなくなります。カジノはセミアコースティックのタイプのモデルなので、ヘッド側に無駄に弦が残っていると余計な雑音を拾ってしまう可能性があるので、見た目の格好良さよりも演奏性に気を遣うことが大事です。

パイザカジノで遊べる全種類のルーレットを徹底調査してみた

弦交換の際には指板やフレットへのクリーニングを施し、汚れを取り除くことで出力によい効果を与えることができます。フレットの表面は湿気が多いのも問題ですが換装にも気を付ける必要があります。レモンオイルなどで適度な湿気を与えることで、最良なネックコンディションを保つことができます。弦をはずした際にナットのくぼみを確認することで安定したチューニング対策にもなります。弦がひっかかり気味であればやすりなどで修正し、適度にグリスなどをさすことでチューニングが安定したものになります。弦を交換するとき、ペグを手で巻いていくのが普通ですが、弦をきれいに巻き取るには少々手間がかかることもあります。ストリングスワインダーを使用する巻取りもきれいに行え、張り替えもスムーズに行うことができます。