カジノを利用すると摘発をされてしまうのか

最近は日本でもカジノを解禁しようという動きが出てきて、国内でも合法的に楽しむことができるのではと期待をしている人も多いものです。
現状では賭博が法律で禁じられている以上国内でカジノを楽しむことはできませんが、実際には利用をする方法がないわけではありません。
闇カジノと呼ばれる非合法を承知で運営している場所は日本でもないわけではないので、遊ぼうと思えば遊ぶことができます。
もう一つは近年インターネットが世界中に広まったことによって、オンライン上で楽しむことができるオンラインカジノというものもあり、これも日本からでも利用をすることができるようになっています。
利用をする際に問題となるのが、摘発をされてしまう恐れがないのかということであり、リスクについても正しく理解をしておく必要があります。

日本国内で運営されている闇カジノの場合には当然運営している業者も非合法の存在であり、暴力団と言った非合法組織が運営をしているとされます。
そのため、摘発の対象になりますが利用者はどうなるかというと、これも同様に摘発の対象となりますからこのような場所で遊ぶことは非常にリスクが高いものとなってしまいます。
大本からして非合法な存在であることに加え、賭博が禁じられている日本国内でゲームをするわけですから、利用者も同じく摘発をされてしまうことになります。
実際にゲームには参加をしていなかったとしても、非合法の賭場であるだけにその場にいたというだけでも捕まってしまう恐れがありますから、闇カジノだとわかった場合には近寄らないようにすることが賢明です。
ただし、金銭が絡んでいないカジノ風のアミューズメント施設の場合には問題ありませんから、お金がかかっているかどうかがポイントになります。

パイザカジノで遊べる全種類の大小(シックポー)を徹底調査してみた

オンラインカジノの場合はグレーゾーンの部分が大きく、現状では摘発される恐れは少なくされてしまったとしても、罪になる可能性としては低いとされています。
その理由としては運営をしている業者側は正式に認可をされているわけであり、日本の法律で手出しをすることができません。
業者が日本にあれば日本の法律を守らなければなりませんが、海外にある以上は日本の法律に縛られることもありませんし、日本の法律を破ったからと言って捕まってしまうことはありません。
問題となるのは利用者が日本にいる日本人だった場合ということになりますが、法律がインターネットを想定していないだけに、この場合は日本国内で賭博をしたことになるのか日本の法が及ばない場所で賭博をしたことになるのかはっきりしていない部分があり、現状では直ちに摘発されるわけではないという状態になっています。