東京タクシーで転職に成功するためのポイント

東京タクシーに再就職をして成功するためには、道を覚えることがポイントです。最近では、日常的にナビを使っているという人が多いのですが、お客様に気持ち良く乗車してもらうためには、道を覚えることが近道です。実際に東京タクシーに転職をした人が、ストレスを感じたり、挫折してしまう原因のひとつが地理を覚えることができないということのようです。道を良く知っているといっても、プライベート感覚で詳しいのと、プロとして詳しいのは違います。東京タクシーでプロとして活躍している人は、抜け道や渋滞が少ないルートを知っていて、時間帯や周囲の状況から判断して早くいくことができる道を瞬時に選択するスキルを持っています。

東京タクシーへの転職で成功する人は、最初に集中して道を覚え、得意な道を増やしていっている人です。都内では、1日の乗務で特定のエリアを流していれば約30組のお客様に乗車してもらうことが期待でき、最初は慣れなくて大変でも、毎日30パターン程度の道を実際に走り、実践的に覚えていくことができます。最初に攻略するエリアを決めて、まずは自信を付けていくことがポイントです。日によってお客様が少ないと感じると、初心者は他のエリアを流したくなるものですが、流しながらも新しい道を覚えていくなどの努力をしたり、覚えた道を復習してみたりして行くことで、徐々に決めたエリアに詳しくなり、自信を持って接客することができるようになってきます。

自分で覚えた道が増えていくと嬉しくなるものですが、自分が覚えた道が正しい選択なのかを、先輩や同期の人などに聞いてみるのも良い方法です。曜日や時間帯によって変わる道路の混雑状況や見落としていた抜け道などを教えてもらうことができ、さらに得意なエリアとなっていくでしょう。東京タクシーで成功している人の多くが、同僚と友好な関係を築き、情報を交換しています。

最初に覚えたエリアに自信がついてきたら、徐々にエリアの範囲を広げたり、隣のエリアの勉強を始めましょう。お客様に降車いただいたエリアでも、しっかりと流していく、自分の得意なエリアを広げる意識を持ちながら、一日の走行距離の目標を300km以上にするなど、少しずつステップアップするように心がけることで、着実にタクシードライバーとしての腕をあげることができます。道を知っているドライバーは、余裕を持って接客することができるため、お客様に喜んでいただく喜びも感じながら、充実した乗務ができるようになります。