東京タクシードライバー面接時のポイント

東京タクシードライバーになりたいと考えておられる方にとって面接は転職を成功するためのポイントになります。東京タクシー会社では、ドライバーは接客業だと考える傾向が強いです。そのことを忘れずに面接前に準備をしたり、面接時の服装を考えておくことが必要になります。基本的な面接のマナーを心得ておく必要があるのです。あくまで接客業であることを忘れず、東京タクシーの面接にあたっては礼儀や態度に十分注意する必要があります。

面接時の服装について注意することはありますか。東京タクシーの面接にあたっては、基本的には一般企業と同じようにスーツやジャケットを着用することをおすすめします。着用できない際には事前にタクシー会社に連絡をいれておくのがマナーになります。タクシードライバーの面接ですから、運転経歴書の提出を求められることがあります。運転に関する経歴、特に事故歴・免許の点数などは事前にまとめておいて面接時に正確に答えられるようにしておくことが重要です。面接中の態度や言葉遣いには、特に東京タクシーでドライバーをするために接客態度を見られることを意識しておくことが大切になります。常務をするということは、運転の技術とともに最低限のお客様とのコミュニケーションがとれることは必要です。面接にあたっては緊張感をもってお客様に接するようなマナーを示すことは採用のポイントになってきます。

東京タクシードライバーの未経験の方は次のようなことは知っておいた方がいいです。未経験者歓迎の会社も増えてきており、地理に詳しくなくてもあとで覚えれば問題ありません。ただし、面接にあたってはやる気をアピールして接客業にふさわしい態度をとることを忘れてはいけません。履歴書や職務経歴書は採用・不採用の判断できる書類ですから丁寧に記載することが重要です。面接の当日は、身だしなみを整えていくことは当然ですが第一印象として清潔にみられるように配慮することが必要になります。スーツや髪型・ひげなどに特に注意することです。遅刻はもちろん厳禁になり、時間に余裕をもって面接日には行動しましょう。出入りの際はノックをして明るくハキハキした声で、「失礼いたしました」「ありがとうございます」を言えることが採用のポイントになると考えたほうがいいです。東京タクシーの面接では担当者の目を見て、はっきりした言葉遣いをすることがまず必要になります。ウソや見栄をはらず、自己PRや誠実さをアピールするのが入社への近道になるのです。