50代でも転職が可能な東京タクシー

日本だけでなく世界経済の不透明さが高まる中、会社の倒産やリストラなどで転職せざるを得ない50代は珍しくなくなりつつあります。しかし、実際に転職しようとしても50代となると働き先自体が限られるのが現実です。そんな50代にも有望な転職先となるのが東京タクシーになります。

東京タクシーは人材が不足している
東京は観光目的やビジネス目的など、多様なタクシー需要があります。しかし、タクシードライバーは不足する傾向が続いていて、多くのタクシー会社が待遇を良くすることで人材確保を目指しています。給与水準も高く、タクシードライバーの年収平均は全国と比較して2割ほど高くなっています。平均年収は400万を超えていて、未経験でも高収入に繋げられる可能性があります。非正規の仕事や下請けなどで働くより収入が多く、働く場所に困らないのです。資格を身につければ他のタクシー会社に転職することも簡単なため、手に職をつけるという意味でもメリットがあります。

資格の取得が比較的簡単
タクシーの運転手の仕事をするためには二種免許を取得する必要があります。普通免許を取得して3年以上が経過し、年齢が21歳以上であること、視力検査をパスすることが第一条件になります。視力検査は片目0.5以上、両目0.8以上となっていてメガネの利用も可能です。一般的な運転免許と違い、深夜視力の検査があるのも特徴です。条件をクリアした場合は受験資格が得られ、学科試験と実技試験をクリアすると二種免許を取得できます。一種免許の情報と重なる部分が多く、スムーズに資格を取得できる人が珍しくないのが特徴です。東京タクシーであれば主要な道路や交差点の情報をまとめた地理試験に合格する必要がありますが、日ごろから運転していれば一般知識として頭に入っていることも多くなります。比較的簡単に資格が取得可能で、タクシー会社が資格取得をサポートしてくれる場合も珍しくなくなっています。

東京タクシーの人材不足は運転に親しむ人が少なくなっているから
東京タクシーの人材が不足しがちなのは、東京で車を持つ必要性が薄いことが上げられます。日ごろから運転に親しむ人が少なく、運転免許を持たない人もいるからです。運転免許を持っていても身分証明証代わりというケースも珍しくなく、ドライバーの確保が難しい面があるのです。しかし、人手が少ないということはそれだけチャンスがあるという見方もできます。技術は身につければよく、経験を積みなおせば仕事として成り立つからです。会社に必要な人材を目指すことも簡単なため、経験不足を意気込みで補うことも簡単になっています。カーナビが普及し、ドライバーの負担も小さくなっているため、有望な転職先になることも多いのです。